2004年12月11日

遂に!買っちゃったよ〜【デジカメ編】

デジカメ、買ったよ〜
これが届いて、昨日・一昨日と忙しかった訳で・・・

20041211_01

Panasonicの浜崎あゆみがCMしてるやつですなー。
500万画素。

これにしたのは大きな理由があって・・・
それは、手ぶれ防止機能搭載ってこと。
デジカメって、結構「手ぶれ」でダメになったりしてたから、
この機能がついてるのは大きいなぁ〜と。

今まで買わなかったのは単に値段が高かったから(笑)。
こまめに値段チェックして、買う!って言ってから3週間ほど待ったところ・・・
送料込みで40,000円を切りました!!!
40,000円が買うor買わないの目安だったので、切った所で即買い☆

でもね〜。
このままでは使えないんだなぁ。
何せ、付属のメディア容量が16メガ。
500万画素の画質では5枚しか撮れない
のだ!
(5枚しか撮れないカメラなんて、全く意味なーい。)
なので、メディアを買わなければなりません。
そのメディア代金が256Mだと7,000円ぐらいするのね〜。
(安いのはあるんだけど、やはり転送速度の問題で。。。)
それを2枚と、あとバッテリーを購入。
もちろん、バッテリーは付属のものがあるよ!
でも、連続120分が使用の目安なんだって。。。
なので予備にもう1つ。
昔持ってたデジカメは「リチウム単3」だったので、何にでも使えたんだけど、
今回は形が特殊なんでそういう訳にはいかなかった。
あとは、デジカメ用ケース
やはり何らかのケースがないと。。。
ということで、私は普通に「ソフトケース」と思っていたのに、
この機種に合ったケースは「本革ケース」しかない
仕方ないので、それを選択。
最後に・・・買うのを忘れていたものがあります。
SDカード(メディア)をパソコンで読み込めるようにする為の何か
すっかり買い忘れて家に帰る所を、また引き返して買いましたとも。
何せ「最も重要なもの」なんでね。
色々見てみたけど、とりあえず「PCカード」を購入。←1,700円(笑)
SonyのCyberShotだったら、こうゆうの要らなかったんだけど、
Sonyのデジカメには「手ぶれ防止機能」がついてないので、止めた。

しめて。。。約25,000円也。
とりあえず、小物類は某電気店で買ったので、
その電気店のポイント12,000ポイントを利用して約13,000円也。

なんだかんだ言って、デジカメって、本体だけの価格ではどうにもならない・・・
ということがよく分かりました。。。
デジタルビデオカメラもそうだったりするのかなー?!

んでも、めちゃめちゃ画像がキレイで感動した。
でも、あなた今まで使ってたデジカメ、
150万画素ですから!!!残念!
(波多陽区風)
キレイで当たり前・・ですネ。はい、すみません。(^^;)
何せ携帯についてるカメラの方が画素数多かったんで(爆)。
posted by きこ at 02:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かた焼きそば

我が家へのお宅訪問!で出した「かた焼きそば」。
かなり作り方は簡単デス☆

【材料】
・白菜 1/4個

    (キャベツでもOK!な事は既に実証済♪)
・豚肉 200gくらい
    (こま切れ or バラ肉:バラ肉の方が茹でる時楽。)
・干ししいたけ 3個
・にんじん 1/4本
・きくらげ 5個くらい
    (なくても大丈夫)
・たけのこ 千切りにしてにんじんと同じくらい
    (既に千切りになってるものでOK。なくても大丈夫。)
・茹うずら玉子 水煮缶1つ分くらい
    (これもなくてもOK。)
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・醤油 大さじ1〜2
・塩 小さじ1
・こしょう 適
・酒 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・片栗粉 大さじ5程度

(まぁ、醤油、酒、ごま油、片栗粉は適当で大丈夫です。)

【作り方】
(1)干ししいたけ、きくらげを水で戻しておく。
    ちなみに干ししいたけは耐熱容器に水を入れ、
    ラップをして電子レンジで3分ほどチン!すると、通常より早く戻ります。
(2)白菜は食べやすい大きさに、にんじん、たけのこは千切りに。
  豚肉も大きかったら、食べやすい大きさに切っておきましょう。

(3)豚肉を茹でる
    この時、バラ肉の場合は肉の固まりのままお湯に入れても
    (パックからガバッと手づかみで取ったままお湯にいれても)
    「絶対」くっつきません。さすが「バラ」肉!!!
    (ここがバラ肉の方が楽!なところ。)
    細切れの場合は、塊のまま入れるとくっついてしまうので、
    ほぐしながらお湯に入れていきましょう。
    ※ここで豚肉を茹でておくと、「アク」が先に取り除けるので、
     あく取り作業から解放されます☆
(4)野菜類と茹でた豚肉を鍋に入れ、鍋の1/4〜1/3ぐらい水を入れる。
   鶏ガラスープの素・酒・塩を入れて、白菜がクタクタになるまで煮る

    水分は白菜から出るので、少なめで大丈夫ですが、
    キャベツを使用する場合はほとんど水分は出ないので、
    鍋半分くらいの水を入れた方がいいです。
    蓋はしておいた方が早く火がまわります☆
    煮る時間は約15〜20分くらいでしょうか。
    まぁ適当に鍋を見て下さい。煮立つまでは中火でいいですが、
    あとは弱火でコトコトと。
(5)白菜が柔らかくなっていたら、醤油・こしょうを入れて味を整える。
    お好みの味まで適当に。ここでもし塩分が多いと感じたら、
    どうぞ水を入れて薄めて下さい。
    多少しょっぱいかな?と思う程度の方が、「餡」としてはいいです。
    この状態でちょうど良い味に整えると、ソバの上に掛けた時に「薄い」と感じるかも。
    また片栗粉を水で溶く際に多少なりとも水を使うので、
    その分塩分は低くなりますよん☆
(6)片栗粉を水で溶いて、とろみをつける
    この片栗粉の量が「え!?こんなに!?」と思うくらいです。
    鍋で「とろみをつける」と言うよりは、固めるつもりで!!!
    プルプルする直前ぐらい固めた方がいいです。
    (じゃないと、かた焼きそばの上に掛けた時、焼きそばの下に流れてしまう。)
    かなり「固め」にしましょう。
(7)仕上げにごま油を掛けます。一混ぜする

ハイ、出来上がり☆
ちなみに、倍量にして作っておくと、翌日「中華丼」
なんかにもなっちゃったりします。

説明をいっぱい書いたので、かなり手が凝ってそうですが、
調理道具もあまり使わないし、慣れれば結構楽です♪
まぁ、かた焼きそばを買うと、ついてくる「あんかけの素」を足すと、
より美味しいけどね☆
味付けの全部を「あんかけの素」で作ると、妙に添加物の味を感じるけど、
ちょっとコクを出すのに使う分にはOK。
(その分水を足すか、塩・醤油の量を控えてくださーい。)

あんかけ焼きそばって「八宝菜?」と思うのだけど、
「八宝」なんて、何でもいいんです
冷蔵庫にある八宝菜に合いそうな野菜を入れておけば。
だから私は時々「キャベツ・豚肉・にんじん・干ししいたけ」のみで作ることもあります。
これでもフツーに「餡」になってるので大丈夫です!(太鼓判)    

普段作る時は「大さじ1」とか計ってないので、↑のは大体の目安・・・です(^^;
posted by きこ at 02:12| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。